About CAST Racing

CAST Racing

年間18万台近くが生産され、日本だけでなく海外がその割合の半数以上を占める、日本の国民車と言っても過言ではないトヨタ 200系ハイエース。
仕事、レジャーとさまざまな分野で利用されているそのハイエースの良いとは言えない乗り心地やフィーリングを改善し、進化させるために開発されているハイエース用機能性パーツ。それがが”CAST”です。

ハイエース200系
CAST Racing Team

CAST Racingは、Neo Tuneで知られる株式会社サンコーワークスと、"CAST"製品の1次代理店としての取り扱いを開始する株式会社丸徳商会がタッグを組み、高低差のある不規則なコーナーが連続する道や、コケや砂利で滑りやすい道などの過酷な一般道を全開で走行し、その速さを競うラリーという競技から得られるフィードバックを製品に反映することで、ハイエースを運転する誰もが感じ取れる乗り心地やハンドリングを追求した製品を開発、販売するために結成されました。

ラリー参戦車両は、トヨタ ハイエース(型式:TRH200)車両名CAST RACING SANKOと、CAST RACING MARUTOKUの2台体制。

CAST RACING SANKOのドライバーにはサンコーワークスオーナーの喜多見隆弘、 CAST RACING MARUTOKUのドライバーは自動車ジャーナリストの国沢光宏氏。 さらに、全日本ラリー以外のイベントへの参戦に、丸徳商会の社員ドライバー板倉麻美がエントリー。

  • T.Kitami
  • M.Kunisawa
  • A.Itakura

チーム体制

CAST RACING SANKO

  • ドライバー喜多見 孝弘
  • コドライバー木原 雅彦

CAST RACING MARUTOKU

  • ドライバー国沢 光宏
  • コドライバー大西 恵理

STAFF

  • 監督徳間 信平
  • エンジニア喜多見 孝弘(兼務)
  • メカニック三枝豊和

MACHINE

  • CAST RACING SANKO ハイエース(型式TRH200)
  • CAST RACING MARUTOKUハイエース(型式TRH200)

モータースポーツに本気で取り組むCAST Racingの応援をお願いいたします。

株式会社丸徳商会代表取締役社長兼チーム監督
徳間信平